読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1012784
0
ワルの恋愛学
2
0
36
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
〈ワルの駆け引き学〉 ○女の「その気」を決して見逃さないテクニックとは

『ワルの恋愛学』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
36
| |
文字サイズ


 たとえばサルであれば、「その気かどうか」は簡単にわかる。サルのメスは「その気」になる、つまり発情期(はつじょうき)になると、お尻が赤くなる。サルのオスは、その“赤いお尻”を目印にして言い寄る。それだけの話である。

 しかし、年中、発情できる人間の場合、話はそれほど単純ではない。「その気のない」女性を「その気がある」と誤解(ごかい)して言い寄っても、口説き落とせる確率はひじょうに低いし、場合によっては痴漢(ちかん)にまちがわれたり、変人扱いされてしまう。

 反対に、たまたまその女性が「したい」という欲望を強く(いだ)いていれば、ふつうならまずはありつけない、いい思いをさせていただくこともある。

 そう考えてくると、とりあえず一晩だけでも女性とベッド・インしたいと思っている男は、女性を口説き落とすテクニックを(みが)くことより、「その気のあるオンナ」をいち早くみつける眼力を養ったほうが賢明(けんめい)だということがおわかりのはずである。

 では、どうすればその眼力は養えるのか?

 アメリカのシングルズ・バー(独身の男女が集まるバー)に通う男たちを対象に、「女性のどんな誘惑術が効果があるか?」とたずねたところ、上位をしめたのはつぎのようなものだった(『女と男のだましあい』デヴィッド・M・パス著・草思社刊より)。

 ◇腰や下半身を男の体にこすりつける。

 ◇もの欲しげに男をみつめる。

 ◇男の首に腕をまわす。

 ◇男の髪をなでる。

 ◇唇をすぼめて投げキスをする。

 ◇ストローや指を吸うそぶりをする。

 ◇前かがみになって胸の谷間をのぞかせる。

 ◇体をのけぞらせてボディラインを強調する。

 なんだか、眼力など養うまでもなく、こんな女性がいれば、どんな鈍感(どんかん)な男でも「その気」があるとわかってしまいそうではあるが、ただし、注意しなければならないのは、女性のこうした仕草は、いずれも彼女たちが「短期の性関係」、極端(きょくたん)にいえば「一夜限りのセックスフレンド」を求めている場合に多くみられるということだろう。

 エリザベス・キャシュダンという人類学者の研究でも、そういう女性は、マジメに結婚相手を探している女性より、露出度の高い服を着る傾向が強いことがわかっている。

 さらに、先ほどのシングルズ・バーでの調査では、セックスフレンドを求める女性にとっては“視線によるアプローチ”も有効だという。

 たとえば、男の目をじっとみつめて、相手の男が見返しても視線をそらさない――これは、多くの場合、女の「してもいいサイン」だという。

 ただ、現実には、女がこちらをジッとみるのは、ただの近眼のせいだったり、ただ()っぱらっているだけ、なんてことも多々ある。男が眼力を磨くのは、なかなか大変なのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
36
残り:35文字/本文:1184文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次