読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1012803
0
ワルの恋愛学
2
0
9
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「女をまいらせる男の匂い」はズバリこれだ! 〈ワルの口説き学〉

『ワルの恋愛学』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
9
| |
文字サイズ


 銀座の某有名クラブのママが、こんなことをいっていた。
「アタシは、せっけんの匂いのする男が好きなのよ」

 そうとうな男性通と思われるママのセリフであるだけに、かなり意外な気がした。

 それは、オトナの男の匂いに()きちゃったってことなの? と聞き返すと、あでやかな笑みを浮かべて、
「そうじゃない。もともと、無臭の男が好きなのよ」

 ますます、意外だった。四〇がらみのしっとりとした熟女は、てっきり、アブラの乗った、むっとするような()い匂いがお好みだと想像していたからだ。

 しかし、それは大まちがい。じつは、このママのひと言には、さすがは男通と思わせるだけの、女にモテる「男のニオイ」へのたしかな洞察(どうさつ)()められていたのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
9
残り:1241文字/本文:1562文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次