読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1013334
0
誰も知らない「死刑」の裏側
2
0
1
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
誤判・冤罪を叫びつづけるふたりの死刑囚

『誰も知らない「死刑」の裏側』
[著]近藤昭二 [発行]二見書房


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 古川氏は膨大な記録を読み、刑期を終えて出獄した共犯たちから話を聞き、西、石井両死刑囚に疑問をぶつけ、事件を初めから洗いなおしていった。それはもちろん、一言ではいいつくすことのできない気の遠くなるような作業ではあったが、事件の真相はしだいに明らかになっていった。その流れに簡単に触れておく。

 まず、西は自分の経営する芸能社の衣装係として働いたことのある南から、喧嘩のためにピストルを必要としていると相談をもちかけられ、知人を介して石井がピストルを持っていることを知り、石井の行方を探す。西と石井は謀議がなされたとされている旅館で、事件の三時間前に「初めて」顔を合わせている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1925文字/本文:2212文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次