読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1013875
0
プロが選んだ はじめてのミステリー映画 北川れい子ベストセレクション50
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“ミステリーは時代と共に”

『プロが選んだ はじめてのミステリー映画 北川れい子ベストセレクション50』
[監修]北川れい子 [発行]近代映画社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 これは冒険サスペンスやスパイ小説の世界でよく言われていることだが、ナチス・ドイツの登場は20世紀の大きな悲劇だが、少なくとも優れたスパイ小説だけは生み出した、というのがある。ナチス・ドイツの存在が作家たちの想像力と創作意欲を刺激し、傑作小説がいくつも書かれたということ。

 映画にもそれが言える。

 なるほどヒッチコックの「バルカン超特急」(英・1938年)で主人公たちが巻き込まれる陰謀はナチス・ドイツが仕掛けたものだし、第2次大戦前夜のオランダが舞台の「海外特派員」(英・1940年)もそうである。ヒッチコックは、ダフネ・デュ・モーリア原作の「レベッカ」(米・1940年)からアメリカで映画を撮り出すのだが、イギリス時代には国や組織の陰謀やスパイものを何本も撮っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1282文字/本文:1618文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次