読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1013890
0
プロが選んだ はじめてのミュージカル映画 萩尾瞳ベストセレクション50
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 ウェスト・サイド物語 West Side Story(1961)

『プロが選んだ はじめてのミュージカル映画 萩尾瞳ベストセレクション50』
[監修]萩尾瞳 [発行]近代映画社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


監督……ロバート・ワイズ

   ジェローム・ロビンス
脚本……アーネスト・リーマン
撮影……ダニエル・L・ファップ
出演……ナタリー・ウッド

   リチャード・ベイマー

   ジョージ・チャキリス

   ラス・タンブリン


 ミュージカル映画の金字塔といえば『ウェスト・サイド物語』。ジェローム・ロビンスの演出・振付でブロードウェイで上演された舞台が、即映画化された作品。音楽も振付もストーリーも文句なし。「神が宿ったミュージカル」という賞賛も納得の、名作中の名作だ。

 物語は、60年代初頭ニューヨークのウェスト・サイドが舞台。移民たちが流れ込んでくるこの町では、人種の異なる二つの不良グループが対立している。ポーランド系移民のジェット団と、プエルトリコ移民のシャーク団だ。ジェット団のリーダーはリフ(ラス・タンブリン)。シャーク団のリーダーはベルナルド(ジョージ・チャキリス)。リフの兄貴格でいまはグループを抜けたトニー(リチャード・ベイマー)と、ベルナルドの妹マリア(ナタリー・ウッド)がダンス・パーティで出逢い、恋に落ちる。敵対するグループに所属する者同士の恋。ただでも困難な二人の恋路は、グループのけんかを仲裁しようとしたトニーが誤ってベルナルドを殺してしまったことから、一気に悲劇へと突き進んでいく。

 というストーリーを聞いて、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を連想する人もいるはず。それも当然、あの名作のアダプテーションなのだから。ヴェローナをニューヨークに、対立する名家を人種に置き換えた発想も抜群なら、主人公たちの舞踏会での出逢いやバルコニーでの愛の囁きなど、原作にあるシーンをちゃんと盛り込んだ手腕も見事。

 ただし、ラストは大きく原作と異なる。ロミオとジュリエットは二人とも死んでしまうけれど、ここではマリアだけが生き残る。トニーを死に追いやった偏見と対立を彼女が非難し、二つのグループが力を合わせてトニーの死骸を運んでいく。残ったマリアは、偏見も争いもない未来への希望の象徴なのだ。かつて追い詰められた恋人たちが、美しい未来を夢見て歌った優しい歌「サムホェア」のメロディが被さるラスト・シーンは感動的だ。

 音楽はレナード・バーンスタイン。名指揮者としても知られる彼が、クラシックの作法にジャズの技法を織り込んで生み出したミュージカル・ナンバーは、永遠の輝きを持っている。「トゥナイト」「マリア」など、ほとんどの曲がスタンダード・ナンバーとして愛され続けているのだ。さらに、ロビンスの振付の鮮烈さ。チャキリスらが脚を高く揚げて踊るダイナミックなダンス・シーンをはじめ、どのダンスもドラマティックで、時間に洗われた今現在でもドキドキするほど新鮮だ。

 監督ロバート・ワイズは、原作舞台の魅力を生かしながら、映像ならではの躍動感を作品に加えている。オープニング、マンハッタンの街を俯瞰するカメラがぐんぐんと寄っていき、やがてウェスト・サイドの町角にたむろするジェット団に着地する。この導入の、高揚感ったら。ついでながら、ワイズ監督は『サウンド・オブ・ミュージック』(65)の冒頭でも同じ手法を使っている。   (萩尾)

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:36文字/本文:1346文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次