読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1014522
0
恋人はできるのに、結婚できないあなたへ
2
0
11
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 「モテ≠結婚」時代を生きる女性たちへ

『恋人はできるのに、結婚できないあなたへ』
[著]野浪まこと [発行]あさ出版


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
11
| |
文字サイズ




 実は結婚したい。

 でも去年も今年も独身のままだ。

 もしかしたら来年も独身のままかもしれない。いやたぶんそうだ。


 こりゃ困ったことになったわね、とあなたは軽く悩む。悩みながらもきっと、どこか釈然としない思いが頭をもたげてもいる。

 こんなはずじゃなかったのに。

 過去にいくつかの恋をしてきただろうし、いまもその最中かもしれない。恋愛経験はそれなりにあるはずで。

 自慢でも気負いでもなく、そこそこモテてきた。男性から求められてきた。そんなあたしがなんでモテない人みたいなことで悩まなきゃいけないの

 ――そういう〝釈然としなさ〟ではないのか。


 恋愛はできるのに、どうして結婚につながらないのか。

 相手の選び方がトコトン悪いのだろうかと悩み、タイミングがトコトン悪いのだろうかとさらに悩み、それとも自分じゃ気づかない決定的な欠陥が、もしかしてあたしのなかにあるんだろうか、と自分を責めてみる。


 でも、たぶんそうじゃないのだ。

 個人の問題というより(個人に問題がまったくないとは言わないが)、むしろ問題は個人個人が生きる土台のほうにあるんじゃないのか。世の中や時代とか環境とか言われる部分に。

 恋愛のあとに結婚が素直につながってきてくれないのは、これはもう一種の現代病なのだ。悩んでるのはあなただけじゃない。みんな悩んでる。女も悩めば男だって悩んでいる。


 モテと結婚がとことん重ならない時代。

 なぜこんなふうになっちゃったのか、ではどうしていけばいいのか。イチ男の立場から、思いつくかぎり書いてみたい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
11
残り:23文字/本文:669文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次