読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1014949
0
チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事術
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『チーム全員で結果を出すプレイングマネジャーの仕事術』
[著]小池浩二 [発行]あさ出版


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 中小企業の社員はふつう、現場の経験を積んで後輩に仕事を教えることができるようになると、マネジャーになります。

 ところがその結果、なかなかうまくいかなくて本人は悩み、会社もその仕事ぶりに不満を抱くことが多くなります。

 しかし実は、それもムリのないことなのです。

 マネジメントとは、人を動かす方法であり、会社の「しくみ」そのものです。ところが多くの中小企業には会社に「しくみ」がないことが多く、仮にあっても守られていないことが多々あるからです。道路があっても交通ルールや標識がない状態では、混乱して事故が多発するのは当たり前です。

 この状態で、現場の仕事とマネジメントを両方やろうとしても、そううまくいくわけがありません。

 ではどうすれば、プレイングマネジメントはうまくいくのか。

 まず大事なのは、プレイングマネジャーだけでチームを動かすことはもともとムリなのだと、はっきり認識することです。

 そのうえで、プレイングマネジャーだけに依存せず、チームメンバー全員が自分で考え、判断し、行動するように変わっていくことが必要です。

 その方法を、できるだけ具体的に述べているのが本書です。

 チームワークがとれず、結果を出せずに悩んでいるプレイングマネジャーの方は大勢いると思います。そうしたプレイングマネジャーの皆さんだけでなく、経営者、チームのメンバーの方々にも本書を読んでいただければ、チームや会社のムードは様変わりし、それが大きな成果に結びつくでしょう。

 本書が、皆さんのチームや会社の飛躍のきっかけになることができれば、それ以上のことはありません。

二〇一一年一月

小池浩二
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4文字/本文:688文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次