読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1015598
0
ビジネスマンの君に伝えたい40のこと
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
7 仕事でいちばん大切な七つの習慣

『ビジネスマンの君に伝えたい40のこと』
[著]近藤宣之 [発行]あさ出版


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ビジネスでは結果が何よりも重視されます。口でいくら立派なことを言っても、結果がともなわなければ評価されません。非常にシビアな世界です。

 ただ、結果さえよければ何をやってもいいというわけではありません。

 当然、人の道に外れるようなやり方は認められません。たとえコンプライアンスに違反しなかったとしても、社会通念にそぐわないやり方で利益を上げると、いずれ大きなしっぺ返しを食らいます。それが世の条理というものです。

 社会人には、社会人として当然知っておかねばならない基本的なルールや、備えておくべき資質があります。それすら身につけていない人は、結果云々の前に評価されません。

 弊社では、そうした社会人として守るべきルールを「日本レーザーの社員としての基本」としてまとめて指導しています。

 これらは、私自身が社会人になりたてのころから現在に至るまで共通して大切にしてきた、仕事の基本でもあります。

 どれもごく当たり前のことばかりですが、どんなに基本的なことでも、意識しなければつい忘れてしまったり、まあいいかと易きに流れてしまいかねません。

 私自身、どんなときもここで紹介する七つのルールを頭に置き、毎日の習慣として身につくまで徹底して意識してきました。

 一つひとつは些細なことであっても、この七つをしっかり守ることができれば、社会人として大きな成長につながります。

 意識づけができていないうちは、うっかり忘れてしまうかもしれません。自分の体に徹底的に叩き込むために、七つの項目を手帳に書き込み、毎日、出勤前と、帰宅後に確認するクセをつけるとよいでしょう。

 どんなことも、基本ができていなければ応用をこなすのは不可能です。あなたがこれから大きな仕事を成し遂げるためにも、習慣づけていただきたいと思います。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6377文字/本文:7127文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次