読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1016599
0
それって「何からできてるの?」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
初期のチョコレートはかなり怪しい原料を使っていた

『それって「何からできてるの?」』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 チョコレートといえば、カカオ豆とミルク、砂糖で作られたものというのが常識。でも、チョコレートと名のつくものが登場したばかりのころは、その原料はとてつもなくあやしげだった。
「チョコレートー」という言葉がはじめて世間に登場したのはイギリス。一六五七年六月のことで、「パブリック・アドバイザー」という新聞に載った広告だった。

 当時の「チョコレート」は、今のような固形のものではなく、ココアのような飲み物だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:322文字/本文:525文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次