読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1017577
0
AB型男の取扱説明書
2
0
17
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『AB型男の取扱説明書』
[著]神田和花 [著] 新田哲嗣 [発行]あさ出版


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
17
| |
文字サイズ



 本書を手に取った人の多くは、「AB型男」の自分の感情を隠しクールであろうとする割に他人の感情をとても気にする姿に困惑した経験があることでしょう。



 プレゼントを贈ってもあまり喜んでいなかったAB型男が、後日、突然ニコニコと感謝の気持ちを伝えてきて友好な関係になったのに、その翌日には態度が(ひょう)(へん)したり……とつかみどころがないところに「これ以上ついていけない」と思う人も多い反面、AB型男の判断力の高さや、相手のためなら自分の身を犠牲にしてでも頑張る姿に惹かれる女性は少なくないはず。


 どこかミステリアスで気にならずにはいられない存在、それがAB型男です。



 そんなAB型男と、うまく付き合うのは至難の業と言わざるを得ません。


 AB型男は、大事な人が困っていたら必死で助けてくれようとするのですが、よく見られたい願望が強すぎるため、必要以上に見栄を張って悪気なく「はったり」をかます癖があります。それを信じてしまうと、真実とだいぶ違っていたり、かえってそのことで混乱を招いてしまったりなんてことが実は少なくないからです。


 見栄っ張りなAB型男の性格を知っている彼女や妻でさえ、騙されるくらいですから、周りの人はなおさら振り回されることでしょう。本人に悪気がないので、なかなか厄介です。



 AB型男とうまくやるうえで大事なのは、彼のこうした生き方を受け入れてあげる一方で、言葉や態度、特によい報告については真に受けないことです。一歩踏み込んだ質問をすれば、根っから悪い人間ではないので真偽はすぐにわかります。AB型男がイニシアチブをとっているよう感じさせてあげましょう。

「はったり」をかましてしまうのも、本音とは裏腹な態度をとってしまうのも、すべてはあなたに好かれたいだけ。そしてちょっと、尊敬してほしいだけなのです。


 大事な人のために役立とうとする気持ちは人一倍強いので、その分、面倒くさいところもありますが、受け入れてしまいさえすれば、良好な関係を築けます。


 とはいっても、それだけですべてうまくいくわけではありません。


 本書では、AB型男ともっとうまく付き合っていきたい、もっと彼を男として成長させたいと考える皆さんに、AB型男との接し方が上手な人、つまり「AB型男取扱マスター」になっていただくべく、AB型男の取り扱い方を丹念にお教えいたします。


 まずは、「AB型男とはどんな存在か」を知っていただきます。


 共感する部分もあれば、想像もしなかったAB型男の一面もあるはずです。


 続いて「AB型男との接し方」についてお話しします。


 即実践できるよう具体的に説明していますので、明日からのヒントにしてください。


 AB型男についてある程度知ることができたら、次に「AB型男取扱マスター」になるためのレッスンを施します。


 AB型男を扱う基本は、彼にすべての主導権を委ねること。AB型男は蚊帳の外になることが最も嫌いなので他人に主導権を譲り渡すことはありえません。あくまでも、AB型男のおかげで良好な関係を築けているというスタンスでいましょう。


 なお、PART1からPART3までは、神田和花が執筆担当いたしました。


 すべてを読み終えたら、巻末の「AB型男取扱マスター検定試験」に挑戦してみてください。


 実生活に即した設問になっていますので、あなたの実力を確認できる一方、とっさのときに対応できる実践力を身につけることができるでしょう。


 この「AB型男取扱マスター検定試験」は新田哲嗣が作成しています。



 私たちは私たちなりに、AB型男とAB型男の伴侶として生きる女性をはじめ、AB型男を支えるすべての人に対する敬意と愛情を込めて執筆いたしました。


 こっそり読んでいただいたうえで、優秀な「AB型男取扱マスター」となり、現場で生かしていただいても結構ですし、AB型男と一緒に楽しく読んでいただいても結構です。


 この本をきっかけに多くのAB型男とその周囲の人たちが幸せになってくれることを願ってやみません。



 2013年3月

神田和花

新田哲嗣

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
17
残り:0文字/本文:1670文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次