読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1018984
0
英語 タメになる雑学知識
2
0
41
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「ジャンボ」は元々「大きい」という意味ではなかった!

『英語 タメになる雑学知識』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
41
| |
文字サイズ


 ジャンボといえば、ジャンボ旅客機、ジャンボ宝くじ、そして日本が世界に誇るプロゴルフプレーヤーのあの尾崎将司を連想するのだが、このジャンボという言葉は、もともと「大きい」という意味ではなかったのだ。

 一九世紀のなかごろ、パリやロンドンの動物園で人気を博した一頭の動物がいた。それは巨大なアフリカ象で、肩の高さが三メートルもあった。その象に与えられた名前が「ジャンボ(Jumbo)」だったのだ。

 この象の巨大さに例えて、でかいものを“ジャンボ”というようになったのだが、もともとは象の名前だったのだ。

 このジャンボ君、アメリカ人の興行師P・T・バーナムに払い下げられ、アメリカやカナダを興行して回ったが、カナダを巡業中、不運にも列車と衝突して死んでしまった。

 ジャンボ君の末路は哀れだったが、しかし、「ジャンボは死して名を残す」で、現在、このようにしっかりとつかわれているのだ。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
41
残り:0文字/本文:388文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次