読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1019670
0
2時間でわかる世界の名著
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
白鯨(はくげい)●メルヴィル〈1851年〉――船長と白鯨との間でくり広げられる死闘の物語

『2時間でわかる世界の名著』
[編]夢プロジェクト [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【うんちく】捕鯨船員としての体験をもとに書かれた傑作
「英語で書かれた三大悲劇」の一つが、この『白鯨』。あとの二つは、シェークスピアの『リア王』とエミリー・ブロンテの『嵐が丘』(4章参照)というイギリスの作品だ。つまり、アメリカが生んだ最大の悲劇が本作品なのだ。

 強調しておきたいのは、ここでいう「悲劇」とは、たんに「悲しい物語」という意味ではない。人間と社会の本質をシリアスに描ききった名作、という意味である。

 世界一の大国で、何でも手に入れてしまうアメリカだが、どうがんばっても入手できないものに「歴史」がある。独立から200年余り、コロンブスが到達し、「世界史」に登場してからでも550年ほどの歴史しかない(先住民の歴史もあるが、文字のない文明だったため、書かれた歴史はない)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1426文字/本文:1767文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次