読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1019720
0
【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
お茶屋遊びの花代の風流な計算法とは?

『【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 歌舞伎(かぶき)の『忠臣蔵』では、一力(いちりき)茶屋の場面が描かれる。赤穂浪士(あこうろうし)の大石内蔵助(くらのすけ)らが、討ち入り前、祗園の一力茶屋に集まって、芸妓(げいこ)遊びをしたり、相談事をしたという話を取り上げたものだ。また、幕末には、新撰組、そして坂本龍馬や桂小五郎といった幕末の志士たちも、よくお茶屋で遊んだ。

 こうしたお茶屋で、芸妓さんや舞妓さんを呼んで遊ぶ料金は、昔から「花代(はなだい)」と呼ばれてきた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:592文字/本文:807文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次