読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1019775
0
【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あの紫葉漬の名付け親になった有名な女性とは?

『【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 かつて、疲れ果てて帰宅したOLが「ああ、紫葉漬(しばづけ)、食べたい」というテレビCMが話題になったことがある。たしかに、京漬物の中でも人気の紫葉漬は、紫蘇とミョウガのほのかな香りが、疲れた体をホッとさせてくれる。平安時代末期にも、失意のなか、この漬物に癒された悲劇の女性がいた。
『平家物語』にも登場する、あの建礼門院(けんれいもんいん)である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:438文字/本文:612文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次