読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1019815
0
【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
正月迎えのおけら詣りの火はいったい何に使うの?

『【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「おけら」と聞けば、「おけらになる」とか、「おけら街道」といった言葉を思い出す人が多いだろう。この場合の「おけら」は、体長三センチほどの虫のこと。

 しかし、京都の「おけら詣り」の「おけら」は、虫ではなく、植物のことだ。キク科の多年草で、昔から漢方薬として重宝された植物である。

 大晦日から元旦にかけての夜、京都の人たちは、八坂神社に参拝し、そのおけらの元火を持ち帰る。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:250文字/本文:434文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次