読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1019824
0
【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最高級の京象嵌の二度のピンチを救った人たちとは?

『【はんなり京都の博学検定本】京都の謎どすえ〜!』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

象嵌(ぞうがん)」は、金属の生地に色の異なった別の金属をはめ込み、それぞれの色や隆起などで模様を表現する技術である。発祥はシリアといわれ、シルクロードを通って中国へ紹介され、日本へは飛鳥時代に伝わったとされている。

 平安時代には技術の基礎ができたが、その後は細々と伝えられ、再び脚光を浴びたのは江戸時代も中ごろのこと。京都に、埋正(うめただ)正阿弥(しょうあみ)などの職人があらわれて、刀や鎧に応用してからのことだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:512文字/本文:722文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次