読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1019864
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(上)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1974年 オカルトとパニック・ブームで映画の配収は大幅アップ

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(上)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

アカデミー授与式のステージにお騒がせのストリーカーが出現

 最近恐ろしいのはストーカーだが、1970年代半ばにはストリーカーなるものが流行った。ストリーカーとは公衆の中を全裸で走り抜ける、一種のお騒がせ人間。

 オスカー・ナイトにこのストリーカーが現れた。デーヴィッド・ニヴンが司会をやっていると、どこからどう忍び込んだのか、全裸男がVサインをしながらステージを走り抜けたのである。

 この男、33歳のロバート・オパルなる人物であることがその後わかった。やがてスタンダップ芸人としてナイトクラブに出るようになるが、77年、自分の経営するサンフランシスコのセックス装具店で死体になって発見され、再びトップ記事になる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2192文字/本文:2496文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次