読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1019866
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(上)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1976年 殺人・横領・ポルノの流行でハリウッドの腐敗が目立つ

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(上)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

サル・ミネオが殺害されクリフ・ロバートスンは汚職を告発
『ハリウッド、魅惑のイメージを失う! 虚飾に代わる下品さ!』

 1976年8月21日付けの『ニューヨーク・タイムズ』紙は、こんな見出しでハリウッド・ブールヴァードの腐敗を伝えた。かつてスターがそぞろ歩きし、お洒落な店の並んでいた大通りはいまではポルノの本屋、大人のオモチャ屋がやたらと目立つ。陽が沈みかかって以後は怖いからこの周辺は歩くな、とも言われるようになった。

 実際、ハリウッドの犯罪は増加した。サル・ミネオは犠牲者の一人である。「理由なき反抗」(55年)、「栄光への脱出」(60年)でオスカー候補になったミネオは、ツッパリ・タイプの若者役で売った俳優だが、2月12日夜、芝居のリハーサルから帰ったあとハリウッドの自宅で何者かに殺されたのだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2201文字/本文:2553文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次