読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1019908
0
紅茶 つい喋りたくなる博学知識
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ジョージ・オーウェルは受け皿から紅茶を飲んでいた!

『紅茶 つい喋りたくなる博学知識』
[編]暮らしの達人研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

『動物農場』や『一九八四年』の作品で知られる、イギリスの作家ジョージ・オーウェルは一九〇三年にベンガルで生まれた。インド税関吏だった父の赴任先で生まれ、父の退官で帰国したのち、大学には進まず警察官や教師などいろいろな職業を経験している。

 その()い立ちが彼の生き方に影響を与えたのか、一九三五年ころから社会主義に傾倒し始める。その一方でイギリスの伝統に忠実な面も持ち合わせ、紅茶好きの文学者としても有名である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:574文字/本文:781文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次