読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1019998
0
常識として知っておきたい 日本国憲法
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「日本国憲法のいま」がこれ以上ないほどよくわかる本――まえがき

『常識として知っておきたい 日本国憲法』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 戦後六〇年間、変わることのなかった日本国憲法。ところが二〇〇五年秋、自民党が「新憲法草案(そうあん)」を発表、いっぽう民主党も憲法調査会が「憲法提言」をまとめるなど、憲法改正への動きが現実味を帯びてきている。

 いうまでもなく、日本国憲法はこの国の基本を定めた根本(こんぽん)法。国の最高法規であり、国家の骨格(こっかく)を決める法律だ。しかし、全文を読み通したという人は、そうはいないだろう。全部で一〇三条、三〇分もあればラクラク読める量だが、なにがどう書いてあるか、具体的に知る人は多いとはいえないようだ。

 そこでこの本では、日本国憲法を基本のキから紹介した。めざしたのは、日本でいちばんわかりやすい解説。天皇の地位、内閣・国会・司法の関係、九条をめぐる問題、そして国民の権利と義務について、憲法はどう書いているのか?

 靖国(やすくに)女帝(じょてい)、安全保障の問題などの最新のトピックも織り交ぜながら、難解な法律用語をできるかぎり避け、わかりやすい解説を試みた。

 この本を通して、憲法が“丸ごと”わかり、「この国のかたち」をより深く理解していただければ幸いです。
博学こだわり倶楽部
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:495文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次