読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1020114
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1984年 監督がスーパースターになり俳優たちはサイド・ビジネスに進出

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ルーカスとスピルバーグに新たなる名誉がプラス

 1984年のアメリカは、派手な開会式の模様がブラウン管を通して世界中に伝えられたロサンジェルス・オリンピックの年で、おまけに大統領選挙もあった一大イヴェントの年だった。

 そこでハリウッド映画界も大きな影響を受けることになった。TVのオリンピック中継にとられて映画館へ来る観客が減るのを見越した興行者たちは、オリンピック開催の真夏から初秋にかけての新作上映を手控えることにしたのだ。そのためこの時期は初夏に公開された「ゴーストバスターズ」や「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」が延々と公開されていて、オリンピック見物の合間に新作映画も見たい、と期待してロサンジェルスを訪れた日本人観光客は失望させられることになった。

 大統領選挙の方は、ハリウッド出身の現役大統領レーガンが圧倒的支持を得て再選。アメリカ人が彼のようなタカ派の強い大統領を望んでいることがよりはっきり見えた年でもあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3066文字/本文:3480文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次