読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1020115
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1985年 “トロフィー・ワイフ”を迎えたスタローン

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

トラブルメーカーのショーン・ペンとマドンナが結婚

 ショーン・ペンが8月15日にアルバム『ライク・ア・ヴァージン』が大ヒット中のマドンナと結婚した。

 ペンは、21歳で出演した「タップス」以来、同世代の俳優きっての演技派としてならし、将来が嘱望されていたが、その一方ではマスコミ嫌いと気性の激しさで知られ、結婚パーティでは取材のトラブルが重なっている。

 彼らは人気ミュージシャンと暴れん坊の性格俳優の興味津々の組み合わせ。マドンナの方がスターとしてのランクは上に見えるので、ペンは逆玉の輿、などと言われたけれど、実際にはどうだったのだろう?

 ショーン・ペンは、実はハリウッド映画業界では名の通った監督レオ・ペンの息子で母は女優のアイリーン・ライアン。言ってみればいいとこのお坊ちゃまだ。マドンナの方は大スターといっても極貧からの成り上がりで知られている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2938文字/本文:3313文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次