読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1020121
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1990年 離婚・再婚・事故・受賞とトム・クルーズが話題の中心に

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

日本資本がハリウッドのメジャー映画会社を買収

 20世紀も最後の10年になった最初の年、1990年。日本の資本がユニヴァーサル映画社を傘下におさめるアメリカの大手エンターテインメント企業であるMCAビクターを買収して、ハリウッドを騒がせたのは11月のことだった。

 この年のはじめには、「ゴッドファーザー」三部作、「地獄の黙示録」などで知られるフランシス・フォード・コッポラ監督経営のゾエトロープ・スタジオが2890万ドル(当時の金額で41億9000万円)の負債を抱えて倒産した。コッポラ自身の負債額はこのうち600万ドルにのぼっている。とはいっても会社経営の失敗と監督することは別のもの。彼が監督する「ゴッドファーザーPARTIII」の撮影は世界中の注目を浴びながら進んでいた。

 1月にはトム・クルーズが年上妻ミミ・ロジャーズとの離婚が決定的であることを公表した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2924文字/本文:3305文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次