読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1020124
0
アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1993年 オードリーとリヴァー・フェニックスの衝撃の死

『アメリカ映画界の光と影 その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?(下)』
[著]筈見有弘 [著] 渡辺祥子 [発行]近代映画社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

映画ファンに愛されたオードリーの死

 オードリー・ヘプバーン死す!

 1993年の映画界はそんな驚きのニュースで始まった。「ローマの休日」のアン王女の役でスターの座に駆けのぼって以来、世界の映画ファン、とりわけ日本の映画ファンに愛されたオードリーが1月20日に結腸ガンのためスイスの自宅で亡くなったのだ。この日は、2000年に任期満了でその座を去るビル・クリントンが第42代アメリカ合衆国大統領の座に就いた日でもあった。オードリーは、前年9211月にロサンジェルスで手術を受け、自分がガンであることを公表していたのだが、まさか、その死がこんなに早く来るとは誰も予想していなかっただろう。

 オードリーの人気は日本では圧倒的に強く、「ローマの休日」が公開された翌年、1955年には、1952年から始まった映画雑誌『スクリーン』の読者が選ぶ人気スターのトップにランク・イン。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2779文字/本文:3162文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次