読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1020145
0
もうすぐコケるこの会社
2
0
1
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「コケそうな会社」の危険信号を上手にキャッチするには――まえがき

『もうすぐコケるこの会社』
[編]現代ビジネス研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ




 二〇〇二年の倒産(とうさん)件数は、一万九四五八件と戦後二番目の高水準となった。うち、上場(じょうじょう)企業の倒産は二九件と、史上最悪を大幅に更新(こうしん)。二位の九七年、二〇〇一年の一四件を二倍以上も上回った。日本経済は、いつどんな会社がつぶれてもおかしくない事態に立ちいたったといえる。

 もちろん、倒産するような会社に、うっかり就職したり転職すれば、人生はいきなり暗転する。また、そんな会社と取引きしていれば、不渡(ふわた)り手形を食らって大損するはめになる。判断を誤って、株式を買っていれば、(とら)の子がただの紙切れになってしまう。

 しかし、それも半ば自業自得(じごうじとく)の話。「もうすぐコケる会社」の見抜き方を知っていれば、そんな悲劇は防げるはずだ。危なくなった企業は、かならずさまざまなシグナルを発する。その注意信号は、社内をちょっと見学するだけで、求人情報を少し丹念(たんねん)に読むだけで、読み取ることができるのだ。

 この本では、そんな「危ない会社」が発する赤信号、黄色信号の数々を紹介した。「もうすぐコケる会社」の見抜き方を知って、あなたの就職、転職、取引き、投資に生かしてください。

現代ビジネス研究班



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:516文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次