読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1020429
0
動き出した日本の富裕層−週刊東洋経済eビジネス新書No.14
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
意外なモノが金持ちにウケる

『動き出した日本の富裕層−週刊東洋経済eビジネス新書No.14』
[著]週刊東洋経済編集部 [発行]東洋経済新報社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

まずは信頼を得ることから

船井総合研究所 経営コンサルタント 小林昇太郎



 富裕層は可処分所得が多いだけでなく、最新で確かな情報を持っていることが多い。したがって彼らが抱く興味や関心を知ることは、今後の新しいビジネスを考えるうえでのヒントにもなる。


 富裕層は、家族や友人、仕事など、共通のテーマで結ばれたコミュニティを大事にする。だが、金融資産1億円程度のミリオネアと、同10億円以上のビリオネアでは、その特徴が異なる。ミリオネアは、一代で今の地位と財産を築いたベンチャー経営者が多い。自分を目立たせることがベンチャーの宣伝にもなるのでコミュニティは、大人数、オープンで派手な傾向がある。一方、ビリオネアは何代にもわたって資産を築いてきた人が多く、コミュニティは少人数で、いつも決まったメンバー、秘匿性が高いという特徴がある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1842文字/本文:2203文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次