読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1020506
0
シネマでごちそうさま 恋と仕事と、女たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
仕事に料理を選んだ女性マーサ。仕事も人生もオイシクする幸せのレシピはどこにある? 『マーサの幸せレシピ』

『シネマでごちそうさま 恋と仕事と、女たち』
[著]まつかわゆま [発行]近代映画社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 頭の中は料理のことでいっぱい。精神分析医にかかっている時も、話すのは料理のこと。家にいる時にも頭に浮かぶのは“イセエビの正しい殺し方”?!

 そんなマーサ(マルティナ・ゲデック)の仕事は、フランス料理のシェフ。ドイツ・ハンブルグにある人気レストランのチーフ・シェフです。女性オーナーの店で、厨房で働くスタッフも女性が多く、マーサの右腕であるレアは妊娠中。臨月のおなかを白衣に包んで、マーサと共に奮闘中です。というのが『マーサの幸せレシピ』('01年)の導入部。

 ちょっと昔は、“台所は女の仕事場、厨房は男の仕事場”という感じで、シェフは男性の仕事、ということになっていました。鍋一つ振るのにも体力が必要、とても女にゃつとまらぬ、と言われていたものです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1655文字/本文:1986文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次