読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1020550
0
戦国の妻たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
秋山信友の妻・遠山夫人

『戦国の妻たち』
[著]鈴木亨 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

夫の死で女城主となるが、敵の秋山信友の攻撃を受け開城。信友の妻となるや、甥の信長は激怒…。

信長の叔母、女城主となる

 元亀三年(一五七二)一二月、武田二十四将の一人、秋山信友が伊那口から東美濃の岩村城(岐阜県恵那郡岩村町)に攻めかかった。岩村城主は平安以来の名族、遠山景任(かげとう)である。織田信長の叔母と結婚して配下に属し、信濃からの武田方の攻撃の最前線に立たされていた。

 武田氏が岩村城に攻撃をかけてきたのは、これが二度目だった。元亀元年(一五七○)にはじめて武田方が東美濃に侵入してきたが、そのときの将もやはり秋山信友だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1899文字/本文:2165文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次