読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1021093
0
シネマと鉄道 映画にみる駅の風景70選
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「昼下りの情事」(1957年/アメリカ/ビリー・ワイルダー監督)

『シネマと鉄道 映画にみる駅の風景70選』
[著]臼井幸彦 [発行]近代映画社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「昼下りの情事」は洒落た恋のメルヘン。人間だけでなく犬もキスしているシーンで始まる。パリを舞台に男心と女心の機微を巧みに描いたラヴ・コメディ。『君はなんだ? なんていう名だ?』『ご存知のはずよ。私は昼下りの女、いわゆる食前酒(アペリティフ)よ』など、コミカルな台詞と駆け引きで、高名なプレイボーイがお茶目な娘にひとたまりもなくひねられてしまう展開は、ワイルダーならではの軽妙な語り口。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:800文字/本文:992文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次