読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1021122
0
シネマと鉄道 映画にみる駅の風景70選
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「獣人」(1938年/フランス/ジャン・ルノワール監督)

『シネマと鉄道 映画にみる駅の風景70選』
[著]臼井幸彦 [発行]近代映画社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 原作は自然主義文学者エミール・ゾラの同名小説。主人公は呪われた遺伝子を受け継いだSLの機関士ジャック・ランティエ(ジャン・ギャバン)。その因子はジャックに突然の発作を引き起こし、本人が制御できない凶暴な行動をとらせる。

 物語はパリとル・アーヴル間の鉄道を舞台に展開する。いきなりSLの投炭口のフル・ショットで始まり、運転席へのズーム・バック。続いて駆動輪の力強い動き、すれ違う列車、運転席から顔を出すジャックなど、細かいカットが連続する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:821文字/本文:1041文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次