読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1021189
0
悪用を禁ズ!ワルの知恵学
2
0
453
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇他人の悪口を言わない人に心を許すな

『悪用を禁ズ!ワルの知恵学』
[編]門昌央と人生の達人研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
453
| |
文字サイズ



 他人の悪口や陰口、批判を、けっしていわないひとがいる。

 このタイプのなかには、性格がほんとうによくて、他人の欠点や悪い面に目がいかない人もいるだろうが、そういう人はむしろまれだ。

 悪口や陰口をいわない人は、口が堅いということでは信用できるが、だからといって人がよいということではない。そういう人は、人の悪い面を見ていないわけではなく、方便としていわないだけのことがある。

 作家の司馬遼太郎氏のことを、氏と親しい人がマスコミで「人たらしの名人だ」と語っていた。相手の長所や美徳をほめ、相手をとりこにするのにひじょうに()けていたというのだ。

 ところが、家では、テレビにでてくる人たちのことをボロカスに批判していたらしい。司馬氏が面識がある人のことを批判していたのかどうかはわからないが、家庭では、眼力鋭く、テレビに登場する人たちを批評していたのだろう。

 これは何も司馬氏にかぎったことではないが、いつも他人をほめることしかしない人は疑ってみたほうがいい。案外、家庭では妻といっしょになって、友達や知人のことをボロクソ、クソミソにいっている場合があるからだ。

 こういう人にたいしては、自分の本音をいわないほうが無難だろう。そうすれば、その人と同じになってしまうが、そういうつき合い方をしながら様子を見るのもひとつの対処法だ。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
453
残り:0文字/本文:563文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次