読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
100
kiji
0
0
1021893
0
スクリーンに乾杯!1 映画だけが我が人生(1930年代編)
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
わが恋の終わらざるがごとく……人々の心に残る世紀の名コピー ドイツ映画『未完成交響楽』(1933年)

『スクリーンに乾杯!1 映画だけが我が人生(1930年代編)』
[著]石森史郎 [発行]近代映画社


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


ヴィリ・フォルスト監督作品



 前述の『トップ・ハット』は、唯一、戦前に観た外国映画だが、『望郷』はじめ、今後に述べる映画は、すべて、終戦(1945年)以降に観たものだ。中学生が単独で映画を観ると不良で、集団鑑賞すると不良にはならないという不条理。私と同い齢の13歳で、家庭の事情で進学せずに、町工場の工員になった友人がいるが、彼が独りで映画館に入っても咎められることなく鑑賞を許されるのである。中学生だから、特殊な差別扱いされるのであろうか。その不合理を、どうにも納得出来ずにいたから、絶対に観てやるものかと、へそ曲りの、偏屈な、異端者の、私であった。占領軍のGHQ指令によって、これまでの管理統制から解放されて、自由民主主義が押しつけられ、私たち中学生は、映画を自由に観ることが出来るようになっていたにもかかわらず……。

 けれども、中学に入ってすぐに、映画を観るようなやつは不良だ、という見方で貼られたレッテルは、容易には、私の心から剥がれることはなかった。何故、映画を観に行くと不良と見做されるのか、ムカつくばかりで、理解出来なかった。私は、映画を観るために映画館に、のべつまくなしに、足繁く通っていた訳ではない。映画館の中の人いきれが生理的に合わないのと、スクリーンに映し出されてチカチカする現象に、船酔い状態になり、気分が悪くなり、嘔吐に襲われるのである。そんなきまりの悪い腺病質な欠陥人間としか思えないような私が、好んで、不愉快な思いをするために、映画館に行く筈も無かった。どちらかというと、映画は好きになれず、かといって特別に運動神経が発達している訳でもないから、家の中にじっとしていて、雑誌や本を読んでいるか、手回しの蓄音機で、名曲のオーケストラのレコードを聴いているかの、インドア少年であった。そんな私が、『望郷』で、突然、映画に魅せられ、映画館で船酔い状態になる体質からも解放されて、たちまちにして映画をむさぼり観る人間に変わっていったのである。まぎれもない、誇り高い不良に、私はなっていた。

 そんな時、つとに音楽映画の代表作と評価を受けている『未完成交響楽』と出会った。


 作曲家フランツ・シューベルトを主人公にした伝記映画の傑作である。映画を観る前から、私は、我が家の洋盤のレコードで、シューベルトの名前、彼が作曲した「未完成交響曲」を識っていた。何故、人々から、「未完成交響曲」と呼ばれているのか、その所以も、幼少時、母から、「歌曲は数えきれないほど名曲を書いている、天才作曲家と言われているシューベルトの『未完成交響曲』は、何故なのかはわからないけれども作曲が中途で終わっていて、未完成のままなのよねえ」と、聞かされていた。交響曲というのは、通常、第4楽章までの構成によって作られるものだが、シューベルトが作曲した美しいメロディ、ハーモニーのこの曲は第1、第2楽章までしか作曲されておらず、生涯を終えるまで、遂にスコアを完成させずに終わってしまったので、未完成のままで筆を折ってしまった「交響曲第7番ロ短調D‐759」のこの作品を、人々は「未完成」と呼ぶようになったのだ……果たして、母が語ってくれたエピソードが正しいものかどうかの判断を、私は下す気にはなれない。

 この映画を観終わった時、私は、母の話してくれた通りだったのだという、納得した気持になっていた。それほど、この映画には、シューベルトという若い作曲家の姿と意気込んで作ろうとしていた交響曲が、未完成に終わった背景が、たとえ、フィクションであったとしても、説得力のある見事な完成度の映画に仕上がっている……最初に観た時に、私は、深い感動を受けて、素直な気持で母が話してくれたエピソードを思い出し、それに同意していたのだった。


 私の家には、大型の手回し蓄音機があり、「洋盤」と呼ばれていた外国でレコーディングされたクラシックのレコードの全集があった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8594文字/本文:10209文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次