読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1021931
0
困ったときの人づき合い事典
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ビジネス相手と話す時、目線はどこに合わせるべきか

『困ったときの人づき合い事典』
[編]平成暮らしの研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小さいころには「人の目を見て話しなさい」と教えられたのに、社会人になって「相手を直視するのは失礼だ」といわれたことはないだろうか。いったい、人と話すときは、どこを見ていればいいのだろう。

 ビジネスの場では、相手のネクタイの結び目を見て話すのがいいといわれる。たしかに、小笠原流作法の本によれば、目上の人と話す場合は、はじめは相手の顔あたりに目線をおいて、用件を話すときは襟元、ネクタイの結び目あたりを見るのがいいとされている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:410文字/本文:624文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次