読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1021980
0
困ったときの人づき合い事典
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
お世話になった人に、一度だけ中元や歳暮を贈るのはヘン?

『困ったときの人づき合い事典』
[編]平成暮らしの研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 中元・歳暮は義理でしかたなく贈るという人も多いだろうが、お世話になった人への感謝の気持ちをあらわせる、とても便利な習慣でもある。

 ふつう、贈る相手は、個人で贈るのなら会社の上司、仲人、親戚あたりが一般的。贈るほうも贈られるほうも、年2回の恒例の行事となっていることが多いだろう。

 中元・歳暮は、一度贈りはじめたら、毎年贈りつづけるのが基本である。

 もし、就職のさいにめんどうを見てもらったり、病気で入院したときにお世話になったなど、その年だけ特別お世話になった人がいて、1回だけ中元もしくは歳暮を贈りたいというのなら、品物の上書きを「御礼」とするのがいいだろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:286文字/本文:568文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次