読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1023365
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子供の性格は、どう発達していく?――口唇期、肛門期、男根期

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 前項では、人間のパーソナリティーが、「エス」「エゴ」「スーパー・エゴ」の三つの心理層で形成されているというフロイト説を紹介した。注意深い読者ならお気づきだろうが、三層の構造は、人間の成長過程の図でもある。つまり、最初に「エス」が生まれ、その上に、地層のように「エゴ」「スーパー・エゴ」が積み重なっていくのだ。そのように、フロイトの心理学は、つねに成長過程に目がむけられている。人間の成長過程を解析することによって人間の秘密を探ろうとする点に、フロイト流心理学のポイントがあるといえばいいだろうか。

 そうしたスタンスから、フロイトは、人間のパーソナリティーの基礎は、幼児期につくられると考えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1406文字/本文:1703文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次