読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1023380
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“男らしい性格”“女らしい性格”は、どう身につくか?――ジェンダー

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 女性は子供を産むが、男性は産まない。それだけで、女性と男性は、生物学的に違った動物に思える。その決定的な違いが基本となって、おのずと男女の文化的な性差、社会的な性差を生んでいった――。ほとんどの人が、そんなふうに考えている。だが、男女の生物学的な差異は、多くの人が想像しているほど決定的なものではない。この段では、その話からはじめてみよう。

 最近、こんなニュースが報道された。骨髄移植において、ドナー(骨髄提供者)が女性でレシピエント(被提供者)が男性だった場合、そのレシピエントは、男と女の遺伝子をもつことになるのだと。遺伝子学上のくわしいメカニズムはわからないが、ともかく、この事実には発想の根本がくつがえされるような衝撃があった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1438文字/本文:1757文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次