読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1023382
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
青年期の「自我」は、なぜ不安定なのか?――アイデンティティーの拡散

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 子供は、警察官の制服姿にあこがれて、「ボクは、大きくなったら、警察官になりたい」と思う。また、フィギュア・スケートの荒川選手にあこがれて、「アタシは、フィギュア・スケーターになりたい」と思う。

 だが、少年のころからの希望をかなえてプロ野球選手になった松井秀喜やイチローは希少な例であって、たいがいの人は、青年期を迎えた段階で子供のころに描いた自己像を再構築する。

 警察官の制服にあこがれていただけだったと考え直したり、フィギュア・スケーターになれるような才能がないことに気づいたりするわけだ。

 しかし、これは、人間の成長にとっては挫折を意味しない。青年期になって将来の自己像を見つめ直すのは、むしろ健全な成熟を物語っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1392文字/本文:1705文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次