読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1023387
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“いい性格”になる方法はある?――カウンセリング療法

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 脳科学の進歩によって、人間の脳内にはさまざまな「気分」をつくりだすホルモンが分泌されることがわかってきた。たとえば、快感、幸福感をつくりだす脳内ホルモンにセロトニンというのがある。うつ傾向のある人は、セロトニンを投与することによって、何事も深刻に受け止めすぎる性格をある程度まで改善することができる。これは、「心理療法」における薬物治療の代表的な例だ。

 しかし、明らかな「心の病気」は薬で治療することができるが、「性格のゆがみ」となると、そうはいかない。性格には、先天的な資質、後天的なトラウマ(心的外傷)、経験によって植えつけられた独特の発想、遺伝、環境などが複雑にからみあっている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1456文字/本文:1750文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次