読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1023406
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
執着心の強い人は、「うつ」になりやすい?!――メランコリー親和型性格

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 世の中には、いったん何かに着手したらトコトンやり抜かなければ気がすまない性格の人がいる。具体的には、仕事熱心、凝り性、徹底的、正直、几帳面(きちょうめん)、強い正義感と義務感といった形となって表われる。

 こうした人々の性格を、精神医学者テレンバッハは、「メランコリー親和型性格」と名づけた。いっけんすると、いかにも“いい人”なのだが、テレンバッハによれば、こうした「メランコリー親和型性格」には、じつはうつになりやすい「執着性格」と大きく重なるところがあるというのだ。
「執着性格」とは、文字どおり、ひとつのことに執着する人のことである。たとえば、童話作家の宮沢賢治は、一八歳でうつ病を体験している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1291文字/本文:1591文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次