読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1023413
0
性格分析が面白いほどわかる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「人格障害」とは、どんなものなのか?――10タイプの“困った人々”

『性格分析が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ストーカー殺人や連続幼児殺害などの事件が起こると、ニュース報道の解説ではしばしば、「人格障害」という言葉で、犯行を説明しようと試みる。

 こうした犯罪者は、夜の町角に立ってイチモツを露出するわけでもなければ、部屋にひきこもってブツブツと独り言をいっているわけでもない。まともに社会生活を送ることができ、他人と正常にコミュニケートすることもできる。だから、ふとした拍子に表われる異常な反応は、個性のひとつにしか見えなかったりする。変人と思われることはあっても、それ以上には見なされないことが多いのだ。

 だが、触るところ、踏むところをまちがえると、彼らの中からは隠された異常性が飛びだしてくる。殺人などの犯罪に発展するのは、ごく一部の極端な例だが、では、人格障害とは、どんなものなのか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2361文字/本文:2702文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次