読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1024196
0
オンナがこだわる 好きな男 嫌いな男
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●ネクタイ こだわって当たり前、ダサければ“落とされる”

『オンナがこだわる 好きな男 嫌いな男』
[著]川畑英里花 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 サラリーマンの多くは、スーツ姿における“最大のおしゃれアピールアイテム”は、ネクタイだと考えているふしがある。
「俺、ネクタイだけは女房まかせにせず、自分で選んで買うんだ。スーツとのコーディネートも自分で決めるしね」「人にもらったネクタイはしない主義」「ネクタイは〇〇本以上もってる」などなど、ネクタイへのこだわりを熱く語る男性は少なくない。
「でも、それって、そんなにエライこと?」というのが女の率直な意見だ。
「そもそもが『スーツは高価でこだわりたくても、こだわれない。なら、パッと目がいくネクタイにだけは気を使おう』って発想なのよ。あまりに安易じゃない?」(26歳・財団法人)
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1279文字/本文:1568文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次