読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1024534
0
100万人の映画教室(上) 私の愛する映画たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
映画から英語を勉強しよう

『100万人の映画教室(上) 私の愛する映画たち』
[著]淀川長治 [発行]近代映画社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

英語の教室は映画館にある

 どのような映画でも原名を注意。The Main Event。メインとは〈主要な〉〈おもな〉なァるほどイヴェントとは〈出来事〉〈事件〉なァるほど。この二つが一緒になってメイン・イヴェント。プログラムの中の主要な試合。メインはMAINと書く。これをあわててMAINEとEをくっつけるとアメリカのメイン州の名になっちまう。御用心。

 昔映画に「雨」というサマセット・モームの舞台劇の映画化があった。その場所はパゴパゴという名のところだった。パゴパゴっていったいどこだろう。世界地図をひろげて南海諸島をさがしてみた。

 英語の勉強もこれと同じ楽しさで取り組むといい。英語の勉強というのでポケット・コンサイスをいつも手にしてAから順番に単語を暗記した人がいた。感心な人だがそんな勉強はなかなか身につかない。生きた英語の勉強の方が面白い。

 イギリス映画「さらば青春の光」。ところが原名はQuadrophenia。これはややこしい。字引きをひくとQuadroなんてのは小さな字引きには出ていない。するとQuadroonクワドルゥンなんてのがある。黒人の血を1/4持っている黒白混血人のことを指す。さてそれに結びつくPheniaてなんだろベェ。という興味でやがてこれが「四重人格」などという意味のことがわかってくる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4588文字/本文:5149文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次