読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1025439
0
映画批評真剣勝負 ぼくが映画に夢中になった日々《作品鑑賞篇》
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
アラビアのロレンス Lawrence of Arabia

『映画批評真剣勝負 ぼくが映画に夢中になった日々《作品鑑賞篇》』
[著]荻昌弘 [発行]近代映画社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私は、ただ驚いた、としか、言う言葉を知らない。「アラビアのロレンス」前後四時間は、私の心を全く打ちのめした。70ミリ映画という、人間の持った最新のショウ媒体が、誕生六、七年で、早くもこれほどみごとな芸術様式を打樹ててしまうとは。超大型映画という新機能が、これほど、壮麗な圧倒的迫力で民族と人間の叙事詩を(うた)うとは。――私には、想像もできぬことだった。


 敷石を真上から俯瞰した大画面の左端に、一台のオートバイが置かれている。右側から現れた男がせわしげに70ミリ画面を往復し、車を始動させかけるのが、頭上から望まれる。簡素な白文字が次々に現れ、「アラビアのロレンス」以下スタッフのメイン・タイトルが紹介される。突如、男はペダルをキックして、英国の田園道路へ飛出して行く。緑の灌木、防塵眼鏡におおわれた男のアップ。画面は加速度的にフラッシュバックを細かくし、70ミリ・モンタージュの限界さえ越えかける、と見る間に、超スピードのバイクは向うから来た自転車をよけそこねる。車は宙高く跳ね上げられる。(こずえ)に揺れ残る防塵眼鏡――。

 一九三五年五月、こうして四十六歳の生涯をスピードに散らせたトマス・エドワード・ロレンスの葬儀は、ロンドン・セント・ポール寺院で行われる。街へ散り去っていく参列者の、さまざまな口からもれるさまざまなロレンス観。不世出の英雄であり、また別人に言わせれば奇矯な売名家でもあったロレンス。忘れ難い偉人であり、また別の上官には殆ど記憶にすら残っていないロレンス。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5186文字/本文:5829文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次