読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1025527
0
犯罪心理が面白いほどわかる本
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
非行少年は、どうやって“本物のワル”になるのか? ●ラベリング理論

『犯罪心理が面白いほどわかる本』
[編]心の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


「漂流理論」とは、世の中を海にたとえれば、善の岸の対岸に悪の岸があり、とくに若者は両者のあいだをただよっている、というものだった。

 では、多くの若者は、いずれ善の岸にたどり着くのに、なぜ、悪の岸にたどり着き、さらにはそこから脱出しようとしない若者がいるのか。

 一般に、非行少年が“本物のワル”になるのは、つぎのようなステップをふむことが多い。
(1)魔が差して万引きなど軽い犯罪を犯す(一次的な逸脱(いつだつ))。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:957文字/本文:1163文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次