読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1026316
0
30代は仕事に狂いなさい!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『30代は仕事に狂いなさい!』
[著]中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

30代はあなたの人生を変える「大事件」と遭遇する時代だ!



 30代のあなたは、これから一生を決めるダイナミックな「事件」に遭遇します。


 誰と出会ったか、何を考えたか、何をしたか……これで人生の醍醐味は決まります。ある意味、楽しみですね。そして、ある意味では怖い怖い10年間です。


 あっという間に通り過ぎ、2度と取り戻せない30代を、あなたはどう生き抜くつもりでしょうか?


 テーマも持たずに漕ぎ出したらほんとうに瞬く間に過ぎ去ってしまいます。テーマを抱いて過ごせば、30代はとっても有意義に、そして40代で大きくジャンプできます。ビジネスパーソンとして、人間として、ダイナミックな出会いと進化に恵まれます。



 30代は人生のターニングポイントです。大げさでもなんでもありません。


 楽天の三木谷浩史さんが起業を決意して銀行を退職したのは30歳。ユニクロの柳井正さんが大手スーパーを辞めて父親の会社を引き継いだのは35歳。30代に人生を決めるきっかけをつかんだ人を数え上げればきりがありません。それほどダイナミックな時代なのです。


 パナソニックの松下幸之助さんが、創業後15年を過ぎて産業人としての使命に気づいたのも36歳でした(この時をパナソニックでは創業記念日にしているほどです)。ソニーの井深大さんが盛田昭夫さんと会社(東京通信研究所)を創業したのは39歳。本田宗一郎さんが本田技研工業(=アート商会浜松支店)を興したのも30代です。


 成功者であれ、失敗者であれ、人生を振り返っていちばんやり直したい時代は30代です。


 わたしレベルでも、転職したのが32歳。独立したのは35歳でした。あのとき、あの人に助けられ、応援してもらい、あのとき、あの人と出会ったことが、いまにつながっている、と感じることがたくさんあります。そして、あの人たちは全員、30代に出会った人たちなのです。30代の時間が、人生でいかに大きな位置を占めているが、これだけでもわかろうというものです。



 あなたもきっとそうなる、と思います。


 この光り輝く時間に、いま、あなたはいます。ぼんやりしていてはもったいないと思いませんか。

人生最大の「大事件」との遭遇をおおいに期待してください。


中島孝志

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:926文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次