読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026483
0
あの世がわかればこの世が変わる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最後の宮大工、西岡常一棟梁

『あの世がわかればこの世が変わる』
[著]中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 私が縄文杉に会いにきたことも、この因縁に導かれてのことだと自覚している。西岡常一さんとの出会いがその因縁である。


 法隆寺、薬師寺の宮大工として高名な棟梁である西岡さんは、飛鳥時代の建築物である法隆寺を昭和に入ってから修理する大仕事を担当し、さらに、薬師寺再建に着手し、現在も現役で活躍している。


 法隆寺の修理を担当した彼は、「重い梁によって曲がっていた檜の柱が横たえて三日ほど経つと、完全とはいえないが元にもどっていたことに驚いた」と言う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:674文字/本文:895文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次