読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026509
0
あの世がわかればこの世が変わる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
障害児の可能性

『あの世がわかればこの世が変わる』
[著]中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 公文教育研究会では、可能性の追求を標傍する一環として、障害児の能力開発にも取り組んでいる。


 私は市ヶ谷駅上の公文教育研究会を取材させてもらった。


 公文式の学習によって、「障害児といわれた子供が健常児以上に伸びた」「知能教育は不可能と言われた子供が分数の計算をし、文章も読めるようになった」と言われる子供たちに共通するのは、なんらかの障害があると判明した段階ですぐに入学したこと、また自習プリントの学習枚数が多いということである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:899文字/本文:1114文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次