読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026887
0
植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
犯罪映画は新しくなっていく 3

『植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


フランス作家の持味と魅力

 日本では、フランスの推理小説なり犯罪小説が、ごくわずかしか紹介されていない。といってイギリスでもアメリカでも、そう熱はあげていないのであるが、最近はフランスでも面白い作品があいついで出版されるようになってきた。

 たとえば「死刑台のエレベーター」の原作者ノエル・カレフは、輸入されなかった映画であるが、セルジュ・レジアーニ主演「運搬人の失敗」の原作者でもあって、このスリラー小説は「その子を殺すな」と改題されて邦訳されており、翻訳もののなかでは最近最も評判がよかったものの一つであった。

 だいたいが、フランス作家は、これはいいと考えた何か新しいテーマなり細部的なアイディアを、作品のなかで強く打ち出してみせる特性がある。つまりが狙った対象に食いつきながら、徹底的に追求していく性癖を多くの作家が持っている。これをイギリス作家の場合と比較すると、こっちはいかに物語をうまく面白く語っていこうかという作家的自己訓練が、全般的に見て非情に高度なレヴェルにたっしている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3768文字/本文:4211文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次