読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026891
0
植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最近封切られる映画の原作者プロフィール

『植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 今月号に紹介されるアメリカ映画を見渡すと、ウィリアム・ワイラーが映画化した「嵐ケ丘」「手紙」(註・日本での公開題名は「月光の女」)のようにエミリー・ブロンテとかサマセット・モームといった知名の作家を始めとして、四年前に出版されたとき驚くほどの人気を集めた「奇蹟の鐘」のラッセル・ジャニー、またこれと同じ頃スリラー作家として名が知られ、最近ではフランスでも非常に読者が多い「潜行者」(原名「暗い路」)のデーヴィッド・グーディス、詩人としても有名なスリラー作家である「大時計」のケネス・フィアリングなどが原作者として名前を並べているので、それぞれの作品が映画化され紹介されるのを機会に、いろいろな角度から原作者について触れてみたいと思います。

「嵐ケ丘」のエミリー・ブロンテ

 ジョーン・フォンテーンとオーソン・ウェルズ主演の「ジェーン・エア」が公開されたのは三年前でした。この原作者シャーロット・ブロンテはエミリーよりも二つ年上の姉でしたが、彼女にはまたアンという四つ年下の妹がいて、三人とも揃って文筆の才能にめぐまれていました。この三姉妹の生活を伝記ふうに扱った「身を捧げて」という映画が一九四六年にWB社で製作されて日本でも「まごころ」という邦題で公開されました。このときシャーロットに扮したのはオリヴィア・デ・ハヴィランド、エミリーはアイダ・ルピノ、アンはナンシー・コールマンでした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4811文字/本文:5404文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次