読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026903
0
植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
イタリア文学と映画

『植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 イタリアが戦後において世界の注目を引いたのは、何といってもネオ・リアリズム映画がきっかけであり、ついで外国人の興味はイタリア文学へと向かうようになった。ちょうど日本映画が外国で注目の的になり、二年ほどして文学にも好奇心が向けられるようになったのと同じ現象である。

 現在のイタリア映画界を見ると、一流作家が映画と関係している率は、世界的に見て最低パーセンテージを示している。戦後の有名な小説で映画化されたものにジュゼッペ・ベルトの「空は紅い」、リカルド・バッケリの「ポー河の水車小屋」、最近ではアルベルト・モラヴィアの「ローマの女」などがあるが、その数はいたって少ない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1656文字/本文:1941文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次